書評・読書レビュー

<書評>多動力・堀江貴文:mimi読書ブログ

今回の読書ブログはこちら

多動力
堀江貴史
株式会社 幻冬舎

多動力

「多動力」という言葉にとても惹かれて手に取りました。実際に、堀江さんの活動が多岐に渡る様子はホームページやSNSから見えてきます。

SNSではホームページのURLを毎日流し、そこを見てくれ!と言わんばかりですが、本人に質問を投げ掛ける前にそこに行けばすべて分かることから、ご本人が、またその質問に答える時間を省き、また新しいことに時間を使っているのでしょうか。

「とにかく動け!」今こうしている間にも何か始なくてはと思わせられます。

私の場合は、至るところに興味は沸くが、行動力がないので、多動力があるとはいえないですね。たまに思い立って趣味の中でイベントに参加することはあっても、回数は少ないと思います。行動に移せない理由としては、資金や時間を言い訳にしていたと思います。

どうしたらその壁を取り払って行動に移せるか「多動力」をつける事ができるか

本書や堀江さんの著書にはヒントが沢山あり、最近始めた趣味である読書は自分自身の新しい世界が広がっていく感覚になりますね。

まずは、趣味の範囲からでも多動力を発揮出来るようにしたいと思います。
仕事面では、同じ職種を11年間勤め、退職し、この先の生き方を決めなくてはいけない今、とにかく興味のあるものに飛びつき自分の可能性を広げていくことが、とても楽しみになりました。

「自分の時間を生きる」
「24時間ワクワクだけで埋めつくそう」
「恥をかいた分だけ自由になれる」
本文より引用

 

特に気になったメッセッージを書き出してみたら、自由になりたい欲求があるんですかね。自分。

最後までお読み頂きありがとうございました (^ο^)/

多動力
堀江貴文 幻冬舎 2017年05月25日

by ヨメレバ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です