おもしろい日本のドラマ

ドラマ『俺のダンディズム』がおもしろい

ドラマブログ

ドラマ好きが集まるブログ♪
次は何を見ますか?

今回は・・・
『俺のダンディズム』

滝藤賢一さんの初主演ドラマ(2014年4月26日~7月2日テレビ東京系)である俺のダンディズム。筆者は、Amazon prime videoにて「滝藤賢一」で検索をかけたことがきっかけで当ドラマと出会いました。

滝藤賢一さんの出演しているドラマは大抵おもしろい!しかも、初主演作品となれば見るっきゃない!!

当ブログではストーリーと魅力を紹介しています。

おもしろいドラマをお探しの方・どんな話か知りたい方等々・・ご参考になれば幸いです(^^)

主な出演者

滝藤賢一 ダンディズムを追い求める会社員・段田一郎

石橋杏奈 段田の部下で理想の上司はダンディな人・宮本南

森口瑤子 段田が通うダンディなアイテム揃う店「マダムM」の店主・美幸

ストーリー

普通の会社員である段田一郎(課長)どちらかといえば冴えないタイプ・・

段田は妻と娘が居ながら、部下でありマドンナ的存在である宮本南がお気に入り。

ある日、女性社員が理想の上司はどんな人?と盛り上がっていた。そこで、宮本南は

「ダンディな人」

と自分の理想を語る。それを立ち聞きした段田一郎はダンディになることを決意!

そこで、「マダムМ」という何だか不思議な店に通いダンディになれるアイテムを日々買い揃えていく。

そして、宮本南に迫るストーカーの存在・・その真犯人も発覚し段田は宮本南を救うのか・・二人の関係はどうなるのかも見どころになっています。

登場するダンディアイテム

手動のエレベーターを上がると美幸が店主を務める「マダムМ」が・・

そこで段田は、時計・万年筆・靴・手帳・眼鏡・鞄・財布・傘・シャツとネクタイ・スーツ・下着を揃える。

店主美幸が薦めるアイテムは、どれもハイセンスでハイクオリティそしてハイブランド。

大人の男性なら誰もが憧れてしまう様なモノばかり!

時計・・ロレックスエクスプローラー

万年筆・・ペリカンスーベレーンM400

アイテムは実際に存在する商品で、歴史や機能の解説はドラマを見ながら勉強になります。男性なら購入の参考に、女性なら男性へのプレゼントや話題のネタになりそうです。

決め台詞はコレ

当ドラマに欠かせないのが決めセリフ。

毎回待ってましたとばかりに発せられる決めセリフ

段田がマダムМ店主美幸の薦める、高価でハイクオリティなダンディアイテムを試着すると美幸が『とってもダンディよ』とダンディ世界へ誘い込む・・

段田がアイテム購入を決意すると、『ダンディの世界へようこそ』と歓迎・祝福を

購入したダンディアイテムを身に着け出社すると、宮本南から

『課長…とってもダンディですよ』

と言われ有頂天に!

という様に毎回話が展開していくのですが、回を重ねるごとにこのセリフを待ち構えてしまう自分が居ました。

脇を固めるキャラクター

ダンディと言えばダンディ坂野?なんとダンディ坂野も本人役で登場。髭男爵もちょこっと出演します。

そして、宮本南の先輩女性社員に横沢夏子、段田がダンディを学ぶTV番組にジローラモ。

イケてるダンディな部長に前川泰之。

ダンディになった段田を取材する記者に壇蜜。

等々、当ドラマに欠かせないキャラクターが揃っています。

最後に

「ダンディ」になりたいと思うコトが僕にとってのダンディズムです。

という段田のセリフで幕を閉じる俺のダンディズム。日々、アイテムを買い自分を磨くうちに見えてきたもの、楽しくワクワクした日々。

変わりたければ行動をというメッセージがあったのかなとおもいます。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です